腰痛を伴う腰椎すべり症の症状

腰痛を伴う腰椎すべり症の症状

腰椎すべり症が起こると、ずれた椎体の影響で神経が砂時計のようにくびれる形になるようです。

そして神経が圧迫されて、腰痛や足がしびれるといった症状が出るようです。

腰椎すべり症かどうかは、MRIを撮ると診断することができるようです。

また、椎間板が黒く写り、クッション性がなくなってずれやすくなっていることが分かることもあるようです。

治療は神経の圧迫具合によって違うようですが、コルセットを使ったり、鎮痛のための注射を打つことが多いようです。

関連記事

  1. 腰痛 肩こり 原因は体の使い方の癖?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。